今回の投稿は、右膝関節痛の方の施術内容です。

この方は、「約20年前から右の膝関節が痛いのよねー」
とお話をされました。

きっかけは、約20年前に右の足首をくじいたことから、
なにかおかしいな?と感じて、次に右の股関節が痛くなり、
次第に右の膝関節にまで痛みが出てきて、

最後は、右足全体に痛みを感じたようでした。

今では、膝とすねが痛くてつらいと訴えていました。
ウチに来る2週間前後は、股関節が痛くて、整形外科でもらった
痛み止めの薬を飲んでも、よくならなかったでした。

話を伺うと、痛みはピークの半分ぐらいでも、

歩いていても体重を左足に乗せないと痛みで歩けないし、右足に電気が走る・
右の膝関節のお皿の下が痛みでチクチクする・
歩いている時にびっこで歩く感じになる・すねの上あたりの筋肉が張り方が違う などおきて、

または車に乗っても、ブレーキべダルを押すのも
左足を使うぐらいつらい とおっしゃっていました。

整形のレントゲンでは、右の股関節が浅い と言われたそうです。

o%e8%84%9a%e3%80%80%e8%86%9d%e7%97%9b%e3%80%80%e5%a5%b3%e6%80%a71%e3%80%802

生まれつき、右の股関節が浅いようで、
この方のお母さんも、両方の股関節が浅くて、
今では、人工の股関節を使われているとのこと。
o%e8%84%9a%e3%80%80%e8%86%9d%e7%97%9b%e3%80%80%e5%a5%b3%e6%80%a73
痛み止めの薬を飲んで、やっと少しは痛みが楽になったけど、
「ロキソニンや座薬を使っても痛い」とおっしゃっていました。

うつぶせで施術をしようとしたら、右の膝が痛くなったので、
仰向けでおこないました。

右の股関節や恥骨に硬い筋肉の反応がありましたので、
右股関節と恥骨周りの筋肉を緩めました。

また座っているときに、右の仙腸関節にも硬さがありましたので、
鍼で硬い筋肉を緩めました。

また、右股関節や右膝関節の外側に圧痛があったのが、
特徴的でした。

歩いていても体重を左足に乗せないと痛みで歩けないし、右足に電気が走る・
右の膝関節のお皿の下が痛みでチクチクする・
歩いている時にびっこで歩く感じになる・すねの上あたりの筋肉が張り方が違う のは、

右の股関節や恥骨・右股関節や、
右膝関節の外側の圧痛のせいではないかと思いました。

1回目の施術の後、姿勢を確認したら、
少しは股関節や上半身の動きが楽になったようでした。
o%e8%84%9a%e3%80%80%e8%86%9d%e7%97%9b%e3%80%80%e5%a5%b3%e6%80%a72
ただ、まだ右股関節や右膝関節の外側の圧痛や
仙腸関節の硬さがあるので、
続けて施術をするとだいぶ変わるかなと感じました。

o%e8%84%9a%e3%80%80%e8%86%9d%e7%97%9b%e3%80%80%e5%a5%b3%e6%80%a74
今回の結果は、以上になります。